ユキワリイチゲ(雪割一花)

本州(近畿地方以西)、九州の山の雑木林や藪のへりなどに生えるキンポウゲ科の多年草。花期は3月。草丈は10cm内外。花の径は約3cm(花弁状の萼)。名前の由来は、雪の中ですでに芽を出している事からついた名前です。又、イチゲ(一花)は1本の花柄に1つの花をつけることからきているとの事です。

3月下旬、大分県竹田市直入町長湯の籾山神社に寄りました。参道ではユキワリイチゲの花が咲き始めていました。

2022年3月20日 大分県竹田市直入町長湯 籾山神社