ヤマシャクヤク(山芍薬)

本州〜九州の山中の林にはえるキンポウゲ科の多年草。茎は高さ50cmに達し、分岐せず3〜4個の葉をつける。葉は大型で4〜6月、茎頂に径4〜5cmの花を1個上向きに半開する。花弁は5〜7枚、白色。近縁のベニバナヤマシャクヤクは淡紅色の花を開く。

4月下旬、島根県邑智郡邑南町の「野草の楽園」に寄りました。園内に素敵なヤマシャクヤクの花がたくさん咲いていました。

2018年4月20日 山口県周南市鹿野 山野草のエキ