ヤマルリソウ(山瑠璃草)

ムラサキ科の多年草。花期は3〜5月。花の径は約1cm。草丈10〜25cm。本州(福島県以南)、四国、九州の山や丘陵地の木蔭や斜面などに自生。名前の由来は山に多く生える瑠璃色の花の草と云う事です。

3月初旬、福岡県糸島市井原山山麓の水無鍾乳洞付近に寄りました。井原山に通じる登山道にヤマルリソウの花が咲き始めていました。

2020年3月6日 福岡県糸島市井原山山麓 水無鍾乳洞付近