ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草)

ユリ科の多年草。北海道、本州、四国、九州の、山野の林のへりや丘陵地の草地などに生える。花期は8〜10月。草丈30〜60cm。花径は約3cm。花は平開し、花被に紫色の斑点がはいる。名前の由来は、山路などでよく出会うことからきています。しかし山路でよく出会うのはヤマホトトギスの方です。

8月中旬、福岡県那珂川市の九千部山山麓に寄りました。道端では素敵なヤマジノホトトギスの花が咲いていました。

2020年8月14日 福岡県那珂川市 九千部山山麓