ヤブミョウガ(藪茗荷)

ツユクサ科の多年草。本州(関東地方以西)、四国、九州、沖縄の山野の林内、丘陵地の藪かげに生息。花期は7〜9月。草丈は50〜90cm。花の径は8mm内外。名前の由来は、藪地の暗いところを好み、葉の形がミョウガに似ているところからついたとの事。

9月初旬、福岡県糟屋郡篠栗町の若杉山にスクーターで行きました。奥の院の駐車場から荒田高原側に歩いて行くとヤブミョウガがまだ咲いていました。

2019年9月9日 福岡県糟屋郡篠栗町若杉山