ワレモコウ(吾木香・吾亦紅)

日本全土の山や野原、丘陵地に生えるバラ科の多年草。花期は7〜10月。草丈50〜100cm。花の径3〜4mm(がく片)。多数のがく片がだんご状につきます。名前の由来は、「吾木香」は意味不明との事。(香りがないのに何故そういうのだろう)。「吾亦紅」は、赤いのに目立たない小花が「吾(ワレ)も紅(コウ)なり」と唱えていると見立ててついた名前とか。

8月下旬、 佐賀県唐津市七山の樫原湿原に寄りました。湿原の中には可愛いワレモコウの花が咲いていました。

2020年8月28日 佐賀県唐津市七山 樫原湿原付近