ウマノアシガタ(馬の足形)

日本全土の日の当たる山野の草地などに生えるキンポウゲ科の多年草。花期は4〜6月。草丈は30〜60cm。花の径2cm内外。八重咲きもものをキンポウゲ(金鳳花)と分けて呼ぶ事が有ります。名前の由来は、根生葉の葉の形に丸味がある為、これを馬の足形(ひづめ)に例えたと云う事です。毒草である為、山菜採りの時など注意をしましょう。

2月下旬、福岡県那珂川市山田の自宅周辺をカメラを持って散策しました。途中の田圃の畦でウマノアシガタを見つけました。

2022年2月27日 福岡県那珂川市山田