ツチアケビ(土木通)

北海道、本州、四国、九州の山野の落葉樹林の下や藪の中などに生えるラン科の多年生腐生植物。別名はヤマノカミノシャクジョウ(山の神の錫杖)。花期は6〜7月。草丈40〜80cm。花の径1.5〜2cm。花は平開しないものが多い。名前の由来は、本種の果実がアケビの果実に似ていて、土に生えるのでツチアケビと言われる。又、果実はアケビのように裂開しない。

7月下旬、大分県玖珠郡九重町の吉部登山口に寄りました。ここから坊ヶつるまでの大船林道は法華院温泉山荘専用道路なので車を置いて歩いて行きます。途中の登山道で素敵なツチアケビの花を見つけました。

2019年7月24日 大分県玖珠郡九重町 吉部