ツルボ(蔓穂・連穂)

ユリ科の多年草。日本全土の山野の道端や土手などに生える。花期は8〜9月。花茎の高さは15〜35cm。花の径は7〜8mm。まれに白花があるとの事です。別名サンダイガサ。名前の由来は、蔓のような花穂をつけるから「蔓穂」と云う説と穂が連なるので「連穂」と云う説が有るとの事です。又、別名のサンダイガサは長い柄をつけた花穂を、公卿が用いた参代傘に見立てたとの事です。

8月下旬、大分県別府市の由布岳正面登山口付近に寄りました。可愛いツルボの花を見つけました。昔はたくさん有ったのですがだいぶ減りました。

2019年8月21日 大分県別府市 由布岳正面登山口付近