ツリガネニンジン(釣り鐘人参)

北海道、本州、四国、九州の山野の草地、高原に生えるキキョウ科の多年草。花期は8〜10月。草丈は40〜100cm。花の長さは1.5〜2cm。名前の由来は、下向きに咲く鐘形の花を釣り鐘に見立て、ニンジンは、根が朝鮮人参に似ることによりついたとの事。山菜名はトトキと云う。

10月下旬、和歌山県東牟婁郡串本町の、昔、オスマントルコの軍艦が遭難した樫野崎に向かいました。駐車場からトルコ記念館までの道沿いに素敵なツリガネニンジンの花がたくさん咲いていました。

2016年10月31日 和歌山県東牟婁郡串本町樫野崎 トルコ記念館