ツレサギソウ(連鷺草)

日本全土の山地の湿った草地、木陰などに生えるラン科の多年草。花期は5〜6月。草丈20〜50m。花の長さは3〜4cm。名前の由来は、白い花をサギに見立て、花が連なっている様子をサギが並んで飛ぶ姿に例えられたと云う事です。

5月下旬、福岡県北九州市小倉南区の平尾台に寄りました。例年5月20日頃に行くのですが、今年は新型コロナウイルス感染防止の為外出自粛してなかなか行けず、5日遅れで行くと僅かに残っているツレサギソウに出会えました。

2020年5月25日 福岡県北九州市小倉南区 平尾台