トウワタ(唐綿)

熱帯アメリカ原産のガガイモ科。自生地ではほとんど宿根草か半低木と云う事だが、日本では1年草又は2年草として扱われることが多い。草丈50〜80cm。別名アスクレピアス。我が国には江戸時代に渡来した。種子に綿毛がついているところから唐綿の名前がついたと云われる。日本でもっとも一般的に見られるのはアスクレピアス・チューベローザ。花は頭頂花で黄橙色だが緋紅色を帯びるようになる。

10月下旬、福岡市植物園に寄りました。花壇でトウワタの花を見付けました。鮮やかな色をしています。

2019年10月26日 福岡県福岡市中央区小笹 福岡市植物園