トモエソウ(巴草)

オトギリソウ科の多年草。北海道、本州、四国、九州の、山地の草原や道端、湿地などに生える。花期は7〜8月。草丈は50〜100cm。花の径は5cmほど。この花の由来は、5枚の花弁がよじれて船のスクリューのような形になり、それがトモエ(巴)模様に似ているところからとか。
8月下旬、大分県玖珠郡九重町長者原のタデ原湿原に寄りました。木道のそばでトモエソウの花を見つけました。

2020年8月31日 大分県玖珠郡九重町 タデ原湿原