ツクバネソウ(衝羽根草)

北海道、本州、四国、九州の山地の木陰、丘陵地の竹林の中等に生えるユリ科の多年草。花期は5〜7月。草丈20〜40cm。花の大きさは3〜4cm。名前の由来は、4枚の葉につく花が、正月遊びの羽根突きの羽根に似ているからとか、黒い果実が輪生した葉の上に付く姿が羽根突きの羽根に似ているからとか言われる。

5月初旬、福岡県糸島市水無鍾乳洞付近に寄りました。地味な花ですが、趣のある可愛いツクバネソウが咲いていました。

2019年5月1日 福岡県糸島市井原 水無鍾乳洞付近