チダケサシ(乳茸刺)

ユキノシタ科。山地の草原・湿地に生える多年草。高さは30〜80cm。花期は6〜8月。分布は本州・四国・九州。名前の由来はチダケ(乳茸)を、この茎に刺して持ち帰った事による。

8月初旬、大分県玖珠郡九重町のタデ原湿原に寄りました。チダケサシの花がたくさん咲いていました。

2019年8月1日 大分県玖珠郡九重町 タデ原湿原