ショウキズイセン(鍾馗水仙)

ヒガンバナ科の多年草。四国〜沖縄の山野に生える。花期は9〜10月。花茎の高さは約60cm。先端に鮮やかな6〜7cmの黄色の花を数個横向きにつける。花びらの先は少しそり返り、おしべとめしべは花から突き出ている。名前の由来ははっきりとは判らない。ショウキ様のショウキには間違いないのだがなぜついているかは判らない。同じヒガンバナ科で一番立派に咲くからかな?

9月中旬、福岡県糸島市井原の水無鍾乳洞駐車場に向かいました。途中の糸島市川原の道端で黄色っぽいヒガンバナの花が咲いていました。よく見るとショウキズイセンでした。

2019年9月17日 福岡県糸島市川原