スズサイコ(鈴柴胡)

北海道、本州、四国、九州の日当たりのよいやや乾いた草地に生えるガガイモ科の多年草。花期は7〜8月。高さ40〜100cm。花の径は1〜2cmで黄褐色の花をまばらにつける。花は早朝に開き、日があたると閉じる。夕暮れや、日中でも曇天、雨天の時などは開花している場合もある。名前の由来は、蕾が鈴に似て、全体がセリ科のミシマサイコに似ている事による。

7月初旬、福岡県北九州市小倉南区の平尾台に行きました。茶ヶ床園地から山頂までの間、スズサイコの花を一株見つけましたが雨が降っていなかったので開いておらず、ペットボトルの水をかけ山頂へと上る。下る時にやっと開いていてくれました。

2019年7月4日 福岡県北九州市小倉南区 平尾台