ソランドラ・マキシマ

メキシコから中央アメリカ、南アメリカ北部に分布するナス科ソランドラ属の常緑蔓性低木で葉は楕円形で先端が尖る。花期は2〜3月だが温室内では春先から夏まで咲く。直径20センチにもなる花は、最初は白く翌日黄色の変わる。形はチャリス(聖餐杯)に似ていて、花冠には5個の紫色の筋がある。学名は Solandra maxima。英名は Chalice vine, Cup of goldとの事。

 2月初旬、福岡市植物園に寄りました。温室内で見事なソランドラ・マキシマの花が咲いていました。

2020年12月23日 福岡市南区小笹 福岡市植物園