シロバナネコノメソウ(白花猫の目草)

本州(近畿・中国地方)、四国、九州の谷沿いの林内の湿地に生えるユキノシタ科の多年草。花期は4〜5月。花の大きさは直径3〜5mm。花茎は高さ5〜10cm。花には花弁が無く、白い萼片が花弁のように見える。萼片は花後緑化する。萼片は先が尖り、雄しべとほぼ同じ長さ。雄しべは8個。葯は黄色暗紅色。

3月中旬、大分県竹田市直入町長湯の清滝付近に寄りました。清滝(きよたき)という滝を目指して歩いて行くとシロバナネコノメソウの花を見つけました。

2020年3月17日 大分県竹田市直入町長湯  清滝付近