シラヒゲソウ(白髭草)                 

本州、四国、九州の山地の谷沿いの湿地に生えるユキノシタ科ウメバチソウ属の多年草。花期は8〜9月。草丈10〜30cm、茎葉は数個付き、無柄で茎を抱く。花の径は2〜2.5cm、5弁花でふちは糸状に細裂する。名前の由来は、花弁を白いひげにたとえたもの。

8月下旬、大分県玖珠郡九重町長者原のタデ原湿原に寄りました。今年は可愛いシラヒゲソウの花がたくさん咲いていました。この花は数年前、長野県の戸隠神社奥社へ行く途中の道端でも見かけたことが有ります。

2019年8月21日 大分県玖珠郡九重町長者原 タデ原湿原