シジュウカラ(四十雀) スズメ目シジュウカラ科

大きさ:15cm。分布:留鳥または漂鳥として全国(小笠原諸島をのぞく)に分布。環境:市街地周辺、公園、平地から山地の林。頭部は頬をのぞき黒色。喉の黒色部は腹に繋がり黒帯になる。上面は青灰色で背や肩羽は緑黄色。南方の亜種は暗色で緑黄色みが少ない。平地の雑木林、市街地にも普通。樹上の他、冬は林の下層や地上、藪をよく利用し、昆虫や種子、果実を食べる。食物を足指で押さえたり、落ち葉やむしり取った樹皮を、首をねじって捨てる動作を見せる。混群では他の鳥の後を追い、先んじて採餌したりする。樹洞やキツツキの古巣に巣を作り、巣箱や人工物の穴や隙間もよく利用する。成鳥のメスはオスに比べ下面の黒帯が細い。ツーツーピーツーツーピー、ツツピーツツピーなどとさえずる。地鳴きはかなり多様な声を出す。(名前がわかる野鳥大図鑑より)

3月下旬、佐賀県小城市小城町の小城公園に寄りました。公園内にシジュウカラが居ました。

2020年3月25日 佐賀県小城市小城町 小城公園