セツブンソウ(節分草)

本州(関東地方、中部地方)の石灰岩地の樹林内に群生するキンポウゲ科の多年草。花期は2〜3月。草丈は5〜15cm。花の径は2〜3cm(花弁状の萼)。名前の由来は、早春、節分の頃に開花し、初夏に地上部が枯れる。

2月下旬、福岡県直方市永満寺の福智山ろく花公園に寄りました。園内ではセツブンソウが2株有りましたが綺麗なのは1株だけでした。

2022年2月26日 福岡県直方市永満寺 福智山ろく花公園