センニンソウ(仙人草)

日本全土の野や山の林のへりや丘陵地などに生えるキンポウゲ科の蔓性多年草。花期は7〜9月。蔓の長さ1.5〜4m。花の径は約2.5cm。有毒植物。十字形の花弁に見えるのは萼片。名前の由来は。果実(そう果)の羽毛状の白い毛を仙人の長いひげに見立てたとの事です。本種と花の形が似ているボタンヅルとは葉の形の違いや、花色がより白い事で区別出来ます。

8月初旬、福岡県北九州市小倉南区の平尾台に行きました。台上ではセンニンソウがたくさん咲いていました。

2019年8月9日 福岡県北九州市小倉南区 平尾台