サワヒヨドリ(沢鵯)

キク科の多年草。日本全土。山野の日当たりの良い湿地などに多く見られる。花期は8〜10月。草丈は40〜80cm。花の長さは6〜7mm。花が5個集まって頭花となり、散房状につく。この花の由来は、沢や湿地に生える、ヒヨドリバナと云う事だ。ヒヨドリバナとはヒヨドリが里におりてくるころ咲く花の意味との事。

9月上旬、佐賀県唐津市七山の樫原湿原に行きました。湿原内にはサワヒヨドリがたくさん咲いていました。ウラギンヒョウモンらしき蝶々もとまっていました。

2006年9月8日 佐賀県唐津市七山樫原湿原