サギソウ(鷺草)            

ラン科の多年草。本州、四国、九州の山野の日の当たる湿地や原野に自生。花期は7〜8月。草丈20〜40cm。花の径は3cm内外。長い距が垂れ下がります。名前の由来は、花の咲く姿が、サギが飛んでいる姿を連想させることからついたとの事です。最近は自生地が少なくなり、栽培される事が多くなった野生ランと云うことです。

8月下旬、佐賀県唐津市七山の樫原湿原に行きました。湿原では可愛いサギソウがまだ咲き残っていてくれました。

2020年8月28日 佐賀県唐津市七山 樫原湿原付近