サバノオ(鯖の尾)

九州の林内に生えるキンポウゲ科シロガネソウ属の多年草。花期は4〜6月。草丈は10〜20cm。花は横向きに開き、直径約8mm、花弁状の萼片は白色でときに帯緑色となる。葉も緑色や枯葉を思わせるくすんだ茶色のものも有る。ちなみに名前のサバノオとは2個の果実が鯖の尾のように左右に開いている所からきたとの事です。

3月中旬、大分県竹田市直入町長湯の清滝付近に寄りました。サバノオの花が僅かに咲いていました。

2020年3月17日 大分県竹田市直入町長湯  清滝付近