オタカラコウ(雄宝香)

本州(福島県以西)、四国、九州の深山の沢沿いなどに生えるキク科の多年草。花期は7〜9月。高さ1〜2m。夏から秋にかけて、茎の上部に黄色の頭花を総状につける。頭花は8個内外の舌状花がある。これによく似たメタカラコウは頭花が3個以下の舌状花なので、オタカラコウに比べ貧弱である。

8月初旬、大分県玖珠郡九重町のタデ原湿原に寄りました。オタカラコウの花が咲いていました。

2019年8月1日 大分県玖珠郡九重町 タデ原湿原