オオマルバノテンニンソウ(大丸葉の天人草)

本州(中国地方)、四国、九州に分布。山地の木陰によく群落をつくるシソ科の多年草。花期は9〜10月。高さ50〜100cm。長さ10〜18cmの円柱状の花序に、唇形花を多数つける。別名ツクシミカエリソウ。名前の由来は、長い花穂につく花が下から上へと咲いて行き、その様子を天人、天の花に例えたとの事。

10月初旬、大分県玖珠郡九重町の「くじゅう野の花の郷」に寄りました。オオマルバノテンニンソウの花が咲いていました。

2016年10月2日 大分県玖珠郡九重町 くじゅう野の花の郷