オカトラノオ(丘虎の尾)

日本,東アジアの丘陵地の日当たりのよい草地にはえるサクラソウ科の多年草。高さ50〜100cm。夏、茎頂に長さ10〜20cmの上方が傾いた花序を出し、密に多数の小さい白花を総状につける。名前の由来は、丘などの草地を好み、総状花序が波打つように曲がる様子を虎の尾に見立てたもの。

7月初旬、福岡県北九州市小倉南区の平尾台に寄りました。茶が床園地〜大平山山頂〜茶ヶ床園地と歩きました。途中、オカトラノオの花がたくさん咲いていました。

2019年7月4日 福岡県北九州市小倉南区 平尾台