ノリウツギ(糊空木)

北海道、本州、四国、九州の日当たりの良い山野に自生するユキノシタ科アジザイ属の落葉低木。別名サビタ。花期は7〜8月。高さ2〜4m。花は円錐状につくのが特徴で、小さな両性花多数と、白い花弁状の萼片4個の装飾花でなる。名前の由来は、樹皮から採った粘液を紙すきの時の糊料にした事によります。

7月中旬、大分県別府市の倉木山山麓に寄りました。ノリウツギの花がたくさん咲いていました。

2016年7月18日 大分県別府市 倉木山山麓