ノギラン(芒蘭)

北海道、本州、四国、九州の、山地に生えるユリ科の多年草。花期は6〜8月。花茎は20〜50cm。根生葉は10枚ぐらいでロゼット状になる。倒披針形で長さ8〜20cm。先は尖り黄緑色をしている。夏、根生葉の間から20〜50cmの花茎を出し、先端に穂状花序をつけ、長さ2〜4cmの花柄を持った淡黄褐色の花を上向きに開く。花被片は線状披針形で、花のあとも落ちない。

8月上旬、スクーターで福岡県那珂川市の九千部山山頂まで行きました。途中の道端でノギランの花を見つけました。

2020年8月1日 福岡県那珂川市 九千部山山麓