モウセンゴケ(毛氈苔)

北海道、本州、四国、九州の山地から亜高山にかけての日当たりのよい湿地に生えるモウセンゴケ科の多年草。花期は6〜8月。花茎は高さ10〜20cm。花の径は4〜5mm。先がワラビのように巻いた総状花序をつける。名前の由来は、葉に赤い毛が多く、水苔上に一面に群生する姿を毛氈に見立てたちの事。葉はロゼット状で根生し、長さ2〜8cmの柄があり、倒卵状円形で長さ5〜10mm。多数の紅紫色の長い腺毛が生え、その先から粘液を出して昆虫を捕らえる食虫植物です。午前中しか開かない花です。

6月中旬、北九州市小倉南区の平尾台に行きました。今年も広谷湿原近くの湿地帯でモウセンゴケの可愛い花を見つける事が出来ました。とても小さな花です。

2018年6月15日 福岡県北九州市小倉南区 平尾台