ミズオトギリ(水弟切)

北海道、本州、四国、九州の池や沼、湿地に生えるオトギリソウ科の多年草。花期は8〜9月。草丈は30〜80cm。茎の基部は赤紫色を帯びる事が多い。秋には美しく紅葉する。花色は他のオトギリソウのように黄色ではなく淡紅色で直径約1cm。花は午後3時〜4時に開き、夕方にはしぼみます。雄しべは9個で、3個ずつ3つの束に別れる。名前の由来は、水辺に生えるオトギリソウとの事で、地下茎は泥の中をはって分岐します。

8月下旬、大分県玖珠郡九重町長者原のタデ原湿原に寄りました。午後4時少し前に可愛いミズオトギリの花に出合いました。佐賀県唐津市の樫原湿原の案内板には、まだ開いていないミズオトギリの写真がある。開くまで待てなかったのだろうか。

2019年8月21日 大分県玖珠郡九重町長者原 タデ原湿原