ミズヒキ(水引)

日本全土の山野の道端、林のへりなどに生えるタデ科の多年草。花期は8〜10月。草丈は40〜80cm。花の径は5mm内外。名前の由来は、小さい花(萼)の上が赤く下が白いのを、紅白の水引に例えた名前。水引とは進物の包み紙を結ぶ紙縒(こより)のひもの事。

8月下旬、福岡県筑紫郡那珂川町の九千部山山麓に行きました。車道脇には可愛いミズヒキの花が咲いていました。

2010年8月25日 福岡県筑紫郡那珂川町九千部山山麓