ミゾカクシ(溝隠し)

キキョウ科の多年草。別名アゼムシロ(畦筵)。日本全土の溝や湿地、田のあぜ等に生える。花期は6〜10月。草丈は20〜30cmで茎は地を這う。花の長さは1cm内外。花色は薄紅色〜白色。名前の由来は、草が地上一面に茂り、溝まで隠す事から。又、別名のアゼムシロは畦にむしろをひいたように広がる事から。

9月下旬、自宅のある福岡県那珂川市山田の一の井手公園での草刈り、近くの田圃の畦に可愛いミゾカクシが咲いていました。小さい花ですがアップして見ると綺麗です。夏に大分県九重のタデ原湿原で見たサワギキョウに花の形が似ています。

2019年9月28日 福岡県那珂川市山田