コバノミツバツツジ(小葉の三葉躑躅)

本州(静岡県以西)〜九州の海岸から丘陵の陽当たりのよいアカマツ林などの2次林に多く生えるツツジ科の落葉低木。高さ1.5〜4m。葉は菱形状広卵形で枝先に3個輪生し、初めは両面に柔らかな褐色の毛があるが、のちに表面は無毛になる。葉柄は褐色の長毛が密生する。花期は3月下旬〜4月で、葉の展開前または葉の展開と同時に開花し、枝先に紅紫色または淡紫色の花を1〜2個つける。花冠は直径3〜4.5cm。

5月初旬、福岡県那珂川市の九千部山山麓寄りました。道端でで綺麗なコバノミツバツツジを見つけました。

2020年5月5日 福岡県那珂川市 九千部山山麓