マツモトセンノウ(松本仙翁)

九州(阿蘇)の山地のススキ草原などに生えるナデシコ科センノウ属の多年草。花期は6〜7月。草丈は30〜80cm。花は茎頂や葉腋につき、花弁は5個、先端が2浅裂し、さらに不規則な歯牙がある。花色は深紅色、白色、絞りなど。萼筒に軟毛がある。花が美しいので江戸時代から庭園に植えられてきた。

6月下旬、阿蘇市波野のスズラン自生地に寄りました。マツモトセンノウの花が綺麗に咲いていました。

2020年6月22日 熊本県阿蘇市波野 スズラン自生地