マアザミ(真薊)

別名キセルアザミ(煙管薊)。本州、四国、九州の湿地に生えるキク科アザミ属の多年草。花期は9〜10月。草丈は50〜100cm。花は枝分かれしない曲がった茎の先端に下向きに1個つくものが多い。それを煙管に見立てての別名。茎葉は少なくて小さい。根生葉はロゼット状で花時にも残り、長さ15〜50cmで羽裂する。頭花は点頭してつき、花が終わると上を向く。

10月中旬、広島県北広島町の八幡湿原に寄りました。木造沿いにマアザミの花がたくさん咲いていました。

2012年10月13日 広島県北広島町八幡湿原