キュウリグサ(胡瓜草)

ムラサキ科の2年草。花期は3〜5月。草丈は10〜30cm。花の径は2〜3mm。日本全土の庭や道端、丘陵地などに生える。名前の由来は、茎の先の葉や蕾を指先でもむと、野菜の胡瓜の匂いがするからきたとの事です。

1月下旬、福岡県那珂川市を散策しました。道端でとっても可愛くて小さなキュウリグサの花を見つけました。春を待ちきれず咲いていました。

2020年1月30日 福岡県那珂川市山田