クサギ(臭木)

日本全国、朝鮮、中国、台湾の山地や丘陵に生えるクマツヅラ科の落葉小高木。花期は8〜9月。木の高さは4〜8m。花の径は2〜2.5cm。枝や葉には強い臭気がある。集散花序に先が5裂した白花を開く。若葉は食べられるとの事。果実を藁の灰汁で煮出した液で布を染めるとあさぎ色になると云う。

8月下旬、佐賀県佐賀市富士町の天山に寄りました。登山道にクサギの花が咲いていました。名前は悪いが、よく見ると可愛い花です。

2013年8月27日 佐賀県佐賀市富士町天山