コオニユリ(小鬼百合)

ユリ科の多年草、北海道、本州、四国,九州の山の湿原や高原等に生える。花期は7〜8月。草丈は1〜1.5m。花径は8〜10cm。ふつうオニユリより少し形が小さいのでコオニユリと云われる。よく似たオニユリとの違いは葉の根元に付くむかご(黒い丸い粒)が有るか無いかで、コオニユリは無い方だ。地中の大きな鱗茎(百合根)は苦味が少なく、食用になるとの事で栽培もされる。

8月上旬、スクーターで福岡県那珂川市の九千部山山頂まで行きました。途中の道端でコオニユリが咲いていました。

2020年8月1日 福岡県那珂川市 九千部山山麓