コバノトンボソウ(小葉の蜻蛉草)

北海道、本州、四国、九州の山地から亜高山にかけての日当たりのよい湿地に生えるラン科の多年草。花期は6〜8月。茎は高さ20〜40cm。葉は1個で、広線形、長さ3〜7cm、基部は茎を抱く。鱗片葉は茎に密着し目立たない。穂状の花序に1方に片寄って淡黄緑色の花を数個まばらにつける。距は長さ1.5〜1.8cm、後方にはね上がる。

6月中旬、佐賀県唐津市七山の樫原湿原に行きました。可愛いコバノトンボソウが咲いていました。

2020年6月17日 佐賀県唐津市七山 樫原湿原