キンクロハジロ(金黒羽白) カモ目カモ科

大きさ:40cm。分布:冬鳥として各地に渡来。北海道で少数が繁殖する。環境:湖沼、池、河川、河口、内湾。海ガモの仲間。オスは脇と腹以外は黒色。頭部には紫光沢があり、後頭に冠羽がある。メスは全体に黒褐色で、脇は淡色になる。雌雄共に虹彩は黄色で、飛ぶと白い翼帯が目立つ。希な冬鳥のクビワキンクロはオスは冠羽がなく、頭の頂点がより後方にある。脇が灰色で腹の白色部が胸側に食い込む。メスは羽色が淡色で、虹彩は褐色。河口や内湾の他、湖沼や河川にも多く、都市公園の池でも見られる。潜水して貝類や甲殻類などの動物、水生植物などを食べる。黄色の虹彩と黒い体、白い翼帯が名前の由来。(名前がわかる野鳥大図鑑より)

3月中旬、福岡県糸島市の今津湾に寄りました。湾のそばの池にキンクロハジロがいました。

2020年3月12日 福岡県糸島市 今津湾付近