キンミズヒキ(金水引)

バラ科の多年草。日本全土の、山野の林のへり、道ばた、草地などに生える。花期は7〜10月。草丈30〜80cm。茎は普通斜めに伸びる。花の径は7〜9mmの小花を穂状につける。名前の由来は、黄色い細かい花穂を金色の水引に例えた名前とか。タデ科のミズヒキとは縁が遠い。

8月中旬、北九州市の平尾台に行きました。可愛いキンミズヒキがたくさん咲いていました。

2015年8月18日 福岡県北九州市小倉南区平尾台