キッコウハグマ(亀甲白熊)

北海道、本州、四国、九州の山地のやや乾いた木陰などに生えるキク科モミジハグマ属の多年草。花期は9〜10月。高さ10〜30cm。花の長さは約1cm。先は5つに切れ込んでいる。茎や葉には毛が有る。葉は長い柄が有り、茎の下部にやや輪生状に集まってつき、長さも幅1〜3cm。葉の形は変化が多く、名前の由来になった亀の甲羅のような形のものや、ハート形、卵形など色々有ります。花は白い筒状花が3個集まった頭花をつける。

10月下旬、フォトネット春日の仲間6人で秋の花探勝の旅に出ました。まず、樫原湿原付近で可愛いキッコウハグマの花を見つけました。久しぶりにたくさん咲いているのを見つけた。

2017年10月20日 佐賀県唐津市七山 樫原湿原付近