カトレヤ

原産地は中南米の熱帯地方のラン科の花。最初に発見されたのはブラジルのリオデジャネイロの山中で1818年のこと。自生地は標高1000mほどの山岳地帯で樹木などに着生している。原種は約30種だが交配種も多く豪華な美しさは「ランの女王」とたたえられている。西洋ランは難しそうなので我が家には無い。植物園に行って見るしかないが、いつ見ても綺麗だ。

1月中旬、福岡市植物園に寄りました。温室内でカトレヤの花が咲いていました。とっても華麗な花です。

2020年1月17日 福岡市中央区 福岡市動植物園