カタクリ(片栗)

ユリ科の多年草。花期は3〜5月。花の径は4cm内外。草丈10〜20cm。北海道、本州、四国、九州の山地や丘陵の雑木林に自生。花の中央に六角形の紋があります。花は下向きに咲き、花弁がそり返るのを、「傾いた籠」に見立てて、昔はカタカゴと呼ばれていたとの事。それが転じてカタクリになったと云われます。根茎から片栗粉を作ります。しかし最近はカタクリ粉はジャガイモの澱粉で作るそうです。

3月下旬、由布市庄内町の白水湿性花園に寄りました。奥の方にカタクリの花が植えてあるのですが、今年も咲いていてくれました。

2020年3月29日 大分県由布市庄内町 白水湿性花園