カスマグサ(かす間草)

本州、四国、九州、沖縄の乾いた野原、土手、道ばたなどに生えるマメ科の蔓性2年草。花期は4〜6月。草丈30〜60cm。花の長さ5〜6mm。名前の由来は、ラスノエンドウとズメノエンドウの中間形なので、2つの頭文字をとってカス間草と言う事です。
4月下旬、私がすんでいる福岡県那珂川市山田を散策しました。いつもは道端の草むらに、カラスノエンドウ、スズメノエンドウに混じってカスマグサも咲くのですが、今年はなかなか見付からず、4月下旬になってやっと見つけることが出来ました。

2020年4月26日 福岡県那珂川市山田