カセンソウ(歌仙草)

キク科の多年草。北海道、本州、四国、九州の、山野の湿地、河川敷などに生える。花期は7〜9月。草丈は40〜70cm。花の径は3〜3.5cm(頭花)。名前の由来は、和歌に秀でた人を歌仙と云いますが、この花に何故、歌仙と云う名前を付けたか定かではありません。歌仙が乗った牛車の車輪を連想したという説もあります。植物学者の牧野富太郎氏は「名前の由来は不明」とされています。

6月下旬、福岡県北九州市小倉南区の平尾台に寄りました。カセンソウの花がたくさん咲いていました。

2021年6月29日 福岡県北九州市小倉南区 平尾台