カセンソウ(歌仙草)

キク科の多年草。北海道、本州、四国、九州の、山野の湿地、河川敷などに生える。花期は7〜9月。草丈は40〜70cm。花の径は3〜3.5cm(頭花)。名前の由来は、和歌に秀でた人を歌仙と云いますが、この花に何故、歌仙と云う名前を付けたか定かではありません。しかし、聞くところによると、茶席によく飾られる花とか。もしかして和歌の詠まれる茶道の偉い先生が好んで活けた花かも。

7月初旬、福岡県北九州市小倉南区の平尾台に行きました。茶ヶ床園地から大平山山頂まで行きました。たくさんのカセンソウの花が咲いていました。

2019年7月4日 福岡県北九州市小倉南区 平尾台