カノコソウ(鹿の子草)

北海道、本州、四国、九州の山の湿った草地などに自生するオミナエシ科の多年草。花期は5月〜7月。草丈30〜70cm。花の径約3mmの小花を多数つけ、集散花序を作り出す。名前の由来は、ピンク色の蕾の混じった花序を鹿の子絞りの模様に見立てたと云う事です。根は吉草根(きっそうこん)と云う生薬になるとの事。

5月下旬、福岡県北九州市小倉南区の平尾台に寄りました。茶ヶ床園地に車を停め大平山山頂まで登っていきます。途中で綺麗なカノコソウがたくさん咲いていました。

2020年5月25日 福岡県北九州市小倉南区 平尾台